2008年07月01日

★通話用に少しキー割り当てを変更

まだまだオセアニアの旅は続いていますが、その間、電話として絶賛活躍中のTreo680。
ただし、こちらにくる前にちょっとだけ変えたのがキーの割り当て。

R0015290.jpg



日本にいるときは通話することがないのでオンフック(緑キー)をメニューに割り当てていました。が、通話で利用するさいはこのオンフックが発信、受信のキー、という大事な役割を持つため外せなくなります。

そこで、いろいろやり方はあるでしょうが、ここでは簡単に

オンフック→デフォルトに戻す
Phoneキー(4つのハードキーの一番左)→メニュー

という割り当てにしています。

これで右下のメニューキーはそのまま右シフトとして日英の切り替えに使えるので、操作感はかわらず。
ただしPhoneキーには電話画面を表示する機能があります。一応ホーム画面から起動することもできますが、面倒なので私はPetitLaunchをホームキー(4つのハードキーの一番右)に割り当てているので、そこから「p」でPhoneアプリを起動しています。これで2アクションながら簡単にキー操作でPhone画面を呼び出せるので便利です。

以下、現在のキー割り当て詳細

Phoneキー → メニューキー
鍵盤交換にて
0204   0105
0204 → 0000
0808   0008

メニューキー → 右シフト
160D   160D
0105 → E001
0828   0809

PetitLaunch  ハードキー4(ホームキー)で起動
ハードキー4のShort CutにApplicationsを割り当てているので、ホームキー2度押しでホーム画面を表示可能。
あとCommandでPhoneを割り当てているのでホームキー+PでPhone画面を起動できます。

----
Posted by Treo680 with u*Blog



posted by ryo-n at 09:49| Comment(2) | TrackBack(0) | Treo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
海外に出ると、sendキーが重要になるので色々考えますよね。
僕はサイドボタンを日本語ON/OFFにしてしまいました。
Posted by いなあも at 2008年07月02日 08:21
>いなあもさん
海外出張の多いいなあもさんも悩みどころですよね。
確かにサイドボタンに割り当てるというのも手ですね。私は日本の時間が気になるのでWorld Clockを割り当てています(^^)。
Posted by ryo-n at 2008年07月02日 18:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/101921254

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。