2008年12月06日

★そろそろTXが

帰ってくるかもしれません。

鋭意貸し出し中ではありましたが、最近自分が忙しくかまってあげられないのもあってか、先方の使用頻度が落ちてしまっているようで。この辺り、その人のパーソナリティーもありますが、なかなか定着させるのは難しいかな、と。

あと、『タッチパネルの反応が。。。』と言われて、ああ、それは。。。ということで。

そう、最近なんでpalmやねんのMA-CYさんのとこでT3のデジタイザが話題になってますよね。
実はわたしも以前から、TXが戻ってきたらデジタイザ交換でもするかなぁ、と。私のTXもずいぶん前からこんな状態でしたから。で、以前当方へのコメントで紹介された、Gizmos2GoPDAParts.comに行ってみると、まだデジタイザ購入できるんですよね。ただ、デジタイザの交換映像を見たら(YouTubeとってもおぞましく。。。正直躊躇してたんですよね。

で、横着でブッキーなryo-nはスクリーンごと交換できないかなぁ、なんて思って、以前試しにPDAParts.comに聞いたことがあるんですが

 
Hello,
No they are not the same digitizer. The original screen was made with the
plastic digitizer. The PA1693 is glass.

-----------------------------
Thank You,
Customer Service
AX Micro Solutions, Inc.

-----Original Message-----
From: ryonstar
Subject: PDAparts.com: Re: Question for palm TX LCD with Digitizer

I'm looking for the palm TX LCD with Digitizer.
Are PA2089 or PA1896 using the same Digitizer as PA1693?
I need more durable LCD with Digitizer than the current one TX is using.
And LSD with Digitizer would be fine for me to make a replacement by myself.

Thanks
 

ということで、PDAparts.comでT3/TX互換の液晶込みで売られているものは全てプラスティックtop。PA1693っていうデジタイザのみのものは表記どおりGlass topなんだそうで、ん〜、てな感じ。

しかし、最近のMA-CYさんとこにあったokajiさんのコメントを見てびっくり。

  
『youtubeにナイフを使って液晶ディスプレーからデジタイザをはがしている映像があってビビリましたが、指と爪を使ってはがせますのでご安心を。』
 

えっ! Σ(゚Д゚;
ゆ、指と爪だけで外せるんですか!(@@)

まじ?

TX戻ってきたらポチろう(笑)。

それより裏蓋開ける方が大変かも(苦笑)。

こういう情報ってほんとありがたいですよね。感謝ですm(__)m

posted by ryo-n at 08:24| Comment(4) | TrackBack(0) | T|X | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
NotePadで画面を塗りつぶした時に、Graffitiエリアだけぽっかりと空いた様子を見て、「この映像、どこかで見たことがあるなあ」と思っていたのですが、ryo-nさんの所のでしたね^^
私も正直、うまく交換できるかなあとヒヤヒヤしているのですが、やっぱ円高だし、いざとなったらCentroに戻ればいいし、と思って、ポチってしまいました。
Posted by MA-CY at 2008年12月06日 23:19
そうそう円高なんでねぇ(^^)
MA-CYさんの記事があがるくらいの頃にいろいろ調べ直していて
『タイムリーだなぁ、記事上げなくっちゃ』って思ってたんですが、ぐずぐずしてるうちにもう購入されていて(^_^;)。

とりあえず今はMA-CYさんの行く末を見守っています(おい
Posted by ryo-n at 2008年12月07日 06:02
具体的には、デジタイザの外周部に塗布された粘着材によって液晶ディスプレーに貼り付けてある状態です。

交換作業をしたのは半年近く前の話(当時デジタイザは59.99ドル)ですが、背に汗しながら作業をしたのを覚えています。

今のところ、デジタイザのずれや反応不良はありませんが、オリジナルより硬質の素材で作られていますので衝撃には弱いかもしれません。
Posted by okaji at 2008年12月07日 17:34
>okajiさん
コメントありがとうございます。わたしもYouTubeの動画見てビビりました(^_^;)。それなりに手間はかかる作業、ということですね。耐久性が上がる分、割れる心配があるのがGlassTopの宿命ですからねぇ。どっちをとるか、ですね。

Posted by ryo-n at 2008年12月08日 20:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110769522

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。