2009年05月26日

★ちょっと気になるauケータイbiblio

ソフトバンク、docomoに遅れて発表されたauの2009年夏モデル。最近端末自体の魅力は完全に他キャリアに負けてるなぁ、と思ってたauなんですが、そんな中、ちょっと気になったのがこれ。

  
7GBフォルダで電子書籍を存分に楽しむ「biblio
ケータイWatch

Biblio1

Biblio3


Biblio2
 

ソフトバンクの922SH、docomoのSH-04Aに続く、QWERTY搭載のケータイ。そう、確かに長文入力はQWERTYの方が断然打ちやすい、と思っている私ですが、どうしてもネックになるのが電車等で立っているときの片手操作。しかし今回のbiblioはバックライトでキートップを変える、というギミックで10キーとQWERTYを切り替えることができるらしい。この縦形スタイルが果たして持ちやすいかどうか、というのは気になりますが、とっさの片手入力は10キーが便利なのでこういう入力スタイルもある、というのはありがたいかも。あとタッチパネルもあるので、通話時などに最低限の操作がキーボード無しでも行えるのかどうか。このあたりも多いに気になります。

なんか専用のカバーも発売されるようで、こうなるとまるでPDAスタイル。ま、このビニールのカバーに収まっているキーがどれくらい打ちやすいのか微妙なところもありますけど(^_^;)。あ、文庫スタイルだから打つことはあまり考えてないか。。。そう、コンセプトが「読書ケータイ」ですからね。この点に関してはコンテンツの充実が全て、かと。

そして、さらに気になるのが

無線LAN対応。

フルブラウザにOpera Mini 9.5搭載、というのもさることながら、EZwebも無線LANで利用できる、という点。
これだと大容量のコンテンツはLAN、メール等の普段の通信は携帯回線、と使い分けられるので、パケット代も抑えられるのかな、と。

そうすると、例えばイーモバなどをモバイルLANアクセスポイントにして、メインの通信を常時そちらと行う、と、すれば通信回線費用を集中できてよいかもなぁ、とか。うむ。そうなるとカメラ無しをBBBにして、今のW62Sをプライベート専用でbiblioにして、通信を基本Wi-Fi経由、とすれば費用的にも行けなくないかも。。。

とかとか、すぐにくだらん妄想をしてしまいます(^_^;)。

ただ、そうなると電池持ちが厳しいかもしれませんけどね。

せっかく7GBものデータフォルダとタッチパネルがついているのなら、いろいろカスタマイズできたり、PIM系も充実できればなお楽しい、と思うんですが、そのあたりがケータイなんで、いろいろ制約項も多くなるでしょうね。

いずれにしても一度店頭で触ってみたい、と久々に思うケータイです。

【関連する記事】
posted by ryo-n at 06:02| Comment(4) | TrackBack(0) | ケータイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やはり反応してしまいますよね。
ただ、無線LANは「Wi-Fi WIN」オプション月額利用料:月額525円 (税込)が必要みたい。
セコイですねぇ・・
Posted by hanabishi at 2009年05月26日 08:36
サービス開始後2年間は無料らしいので
とりあえず今購入すれば、飽きるころまでは
追加費用なしでWi-Fi楽しめそうですよ(笑)
Posted by ryo-n at 2009年05月26日 20:28
そーなんですか。
なら大丈夫ですね。
Posted by hanabishi at 2009年05月27日 01:01
ええ、とりあえず早いうちなら(^_^;)
Posted by ryo-n at 2009年05月28日 23:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。