2010年09月25日

★ATOK Pad入れてみました。

とうとう出た、という言い方が正しいのかもしれませんが、私も発売記念価格のうちに購入しました

ATOK Pad

http://itunes.apple.com/jp/app/atok-pad/id390360999?mt=8


image-20100925065451.png



Padという名がさすように、日本語入力の置き換えではなく、あくまでも独立したアプリである、ということ。

アプリ自体は上のほうに切れ端が残ったRHODIA風デザインのメモアプリ。で、そこにひたすら書いていくということになるんですが、そこからメール、SMS、Evernote、Twitter、クリップボードへの転送が可能。

image-20100925065541.png

上の切れ端デザインの部分に文字数が表示されますし、最初にログイン操作をしてしまえばあとは下のメニューから選択するだけで即座に反映されるので、Twitter等との連携も良好です。

image-20100925065619.png


さすがに予測候補などの精度はiPhone内蔵辞書の比ではなく、快適な日本語入力が可能になります。

また正式対応ではないようですが、iPhoneの入力を英語キーボードにしておけば、外付けのBluetoothキーボードからの入力も可能。その場合、予測候補の選択はタブキーで可能になります。長文入力には威力を発揮しそう。

あとは、こんな新しい入力モードの提案も。


image-20100925065709.png


image-20100925065720.png



これはこれでなかなか取得するのは難しいですが(^_^;)、フリック入力に慣れていない方は、自分にあった入力方法となるかも?

やっぱり標準入力の置き換えを期待する向きも多いかと思いますが、まずは用途に応じて使い分けることで運用していけばよいかなぁ、と。私の場合は長文入力をATOK Padで、という感じになりそうです。

あ、お約束ですがこの文章ももちろんATOK Padで書いています(^^)

Posted by iPhone 4

posted by ryo-n at 06:58| Comment(0) | TrackBack(0) | iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。