2006年09月30日

★何故いま再びVisorなのか

実はこのVisorを再び、という思いは、あの初めてのvisor購入以来、ずっと頭の片隅にありました。一時期Treoと共用していた時期もありましたし(そのあたりの記事はこちら)。

でも、そのときそうしなかったのには、ちょっとした訳がありました。

というのも。。。

あの頃はClieの新規開発が終了し、何となくPalmだけでなく、PDA全体の先が見えない状況でした。そんな中、仮にこんな話をしてしまうと、なんか「昔はよかったよね」とか、そういった過去への感傷的な部分だけがより強まってしまうのではないか、と。

これだとなんかすごく後ろ向きかなぁ、とかね。

なので、そのときは、あえてそういうことは言わずに、振り返らず、もう少し先を、未来を見据えていきたい、そして、Treoをスマートフォンとして使える環境を精一杯楽しむべきだ、とか、妙な正義感(笑)をもって、勝手に考えてました。

しかし、今はそのときとは状況が少し変わってきたかなぁっと。日本ではW-ZERO3というスマートフォンが誕生し、Docomoも(法人向けですが)スマートフォンを販売。SoftbankもHTCの端末発売予定を発表(これを書いていたときはX01HTの発表前でした(^^ゞ)、あとauも?という状況。その他にもPalmOSが動くといわれるALPの採用決定(海外ですけど)などなど、まだ完全ではないにせよ少し明るい兆しが見え始めてきています。

そして折りしも、個人的には日本帰国の話がちらほら。。。ああ、これでTreoとの甘いスマートフォン生活も終焉を迎えるわけです。

なんとなく機は熟したかな、と。

きっといるであろう、これまでずっと昔からのPalmデバイスを使い続けてきた方々。そんな方々に敬意を表して、いま、改めてこの頃のデバイスと向き合ってみるのもいいかなぁっと。そう思うようになりました。

私の場合、原点に戻るなら最初のデバイスであるPalm Vxということになるのですが、その当時使うきっかけを逸してしまったVisorと初めてキチンと向き合うのも悪くないなぁと。私が某巨大SNSの「Palmだけどやっぱりvisor」コミュニティーにひっそりいたりするのも、そんな理由があったり(^^

とはいっても、先達の方々ような華麗で素敵な使い方、はたまた改造なんか到底できませんし、今となっては、周辺機器も満足にそろわない状況とあっては、そんな目新しい使い方ができるわけでもありません。

まあ、いろいろ不自由な面はあるかもしれないですが、そんなこともゆっくりと楽しんでいければ、と思っています。今なら今なりの使いかた、なんてのもきっとあるだろうと信じて。

もちろんTreoも使いますよ。とっさのときの入力でこれに勝るものはないですから。あと、まだ電話ですし(苦笑)。ただ、最近めっきりデスクワークが増えたので、そんなときは傍らにVisor置いてみようかなぁ、とか、思っています。

ま、浮気な私のことなので、そういって他のデバイスにさくっと手を出さない保証はまったくありません。あしからず(笑)。

今はそんな思いで楽しくVisorいじってます。

visor_092906_001.jpg

posted by ryo-n at 04:35| Comment(9) | TrackBack(0) | Visor | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Visor…本当に素直でよいデバイスですよね。
僕は最初のデバイスがVisor Platinumでしたが、それ以降に買ったどのデバイスでも、総合的な操作性、安心感でこれに勝るデバイスにお目にかかったことがありません。

最新のデバイスと比較すればスポーツカーと自転車くらいのパフォーマンス差があるのに、操作系に関して一番使い易くてサクサク動作していたと思えるのはVisorなんですよね。

ま、絶対的な処理パフォーマンスは低いので、NS Basicでプログラムする身には工夫が必要なデバイスでもあるのですが、それは別の話。(^^;)
Posted by いなあも at 2006年09月30日 07:17
http://www.pdakobo.com/exec.exe?html=t650/PDA.htm

一瞬、オレンジをポチッとしそうになったのは、ココダケの話しです<(_ _)>
Posted by かわ at 2006年09月30日 12:28
>いなあもさん
そうなんですよ。これが。サクサクなんですよ。Visorは独自のチューニングが施されているという、これがその効果でしょうかね。
なるほど、しかしNS Basicではそんなご苦労もあるんですね。でもStarTruckとか快適に動作してますよ(^^)。
Posted by ryo-n at 2006年09月30日 16:12
>かわさん
おお、ありますねぇ(^^)。日本のオークションでもたまに見かけますが、タマは相当少ないですよね。こっちでもたまにebayで日本語版売ってるの見かけたりします(^_^;)
Posted by ryo-n at 2006年09月30日 16:15
VisorのSpringbordモジュールの万歩計STEP KEEPERの入力にVisor PRISUM毎日使っています。STEPKEEPERは3台目ですがVisorは壊れずに動いています。STEPKEEPERの買い置きも最後になってしまいました。
Posted by Lightさん at 2006年09月30日 20:57
>lightさん。。。さん?(^^)
初めまして。サイト拝見しました(^^。Prismがんばってますねぇ。Step Keeper持ってた、って人結構いますよね。でも既に3台目とはやはり日々の使用に耐えるのは大変なんでしょうか。しかしPrismが壊れずにいる、というのはすごいですね。
Posted by ryo-n at 2006年10月01日 01:10
私も最初のPalmがWorhPad30Jでした。
実質的にはTungstenE2が仕事面でメインになってますがプライベート使用は未だに30Jを使っています。
なんといっても乾電池で動くとところが大好きなんですよー。
Visorも出たばっかりのとき「欲しいー」って思ったんですが結局入手しなかったんですよ。あの頃はまだまだPalmが日本で進化している途中でいたからねえ。あー、CLIEが出なければもしかしたらTreoが日本でも発売されてたかも、、、WM5ですが(哀)
Posted by 未だ30J現役 at 2006年10月01日 02:08
>未だ30J現役さん
お久しぶりです(^^ゞハンドル通り30Jも現役ですね(^^)。
確かにCLIEの進化がHandspringsやPalmの日本撤退を早めた要因かもしれませんが、CLIEのおかげでPDAの底辺が広がったのは確かですからね。
Treoは仮に出るとしても、WM5の可能性が高そうですね。確かにスマートフォンは便利だと思いますが、PalmOSの使い勝手を考えれば割り切ってPDAに徹するのも悪くないかもしれません。
Posted by ryo-n at 2006年10月01日 03:40
私は、今でもvisor使っています。そのおかげで、仕事の実績も、あがってます。
ピストルで 乾電池 で、iphoneに立ち向かっています。
Posted by ひろ at 2015年01月29日 10:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24644345

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。