2007年07月21日

★m500とiCalのシンク

E61だったりTreoだったりしたときは、もっぱらWin機のOutlookをPalm Desktop Conduit経由でシンクロさせてましたが、Macの方はというと、まったくの放置状態。

こちらの方もとうとうm515をMacとシンクロされたようですが、私も最近はm500を中心とした運用にしているので、久々にiCalとシンクロさせてみることに。

データが変な風にだぶったりするのが嫌なので、一度、アドレス、iCalの予定、タスクをすべで削除した状態で、Missing Sync経由でシンクロ。

注意したいのは、何も考えずに新しいユーザーをMissing sync内で作ると、Missing syncのPalm用アプリをインストールしようとすること。これが悪さしてか、最初のうちはシンクが途中で止まってしまったり。ということで、インストール一覧から外して解決。

そして、もう一つはOS4英語版Palmの場合、そのままシンクロするともれなく文字化けしてしまう、ということ。そう、ひさびさのことでP@lmSJISが必要なことをすっかり忘れていました(^^ゞ。これをm500にインストールして解決。

ということで無事に同期完了。

Palm OS4では標準Date bookでの予定カテゴリ分けには対応してないのですが、m500ではKsDatebookを利用しているのでiCal上での予定カテゴリ分けに反映されるように。しかし、もともとiCalで記憶していたカテゴリー情報と不整合が出てしまったので、こちらは手動でちびちび修正。

アドレスもm500ではaddrexを使用中。これだとiCalとPalmで読みがな情報も反映されるので便利。そうなるとこれまでTreoでのサーチを考えて英字で入れていた氏名を漢字に戻してもいいかなぁ、とか。

このところMacbookを触ることの方が多いので、ぼちぼちiCalでの管理復活させようと思います。

Technorati Tags: , ,



posted by ryo-n at 23:42| Comment(3) | TrackBack(0) | Sync | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おぉぉ〜なんだか面倒そうですね・・・
私は何も考えずにぶり!っとシンクロしちゃいましたが・・
大丈夫かなぁ・・(笑)
Posted by 鶴丸 at 2007年07月23日 13:26
私の場合、Treoの情報から一度整理した形で、m500にデータ入れたので、それを反映させたいために、MacbookのiCalとアドレスをキレイにした次第です(^^)。
Posted by ryo-n at 2007年07月24日 00:37
なるほど!o(^^)o
Posted by 鶴丸 at 2007年07月24日 22:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。