2007年11月27日

★能率手帳とPalmの流儀

さてさて、自分のなかで堂々巡りしていた手帳選び。そんな中ふと書店で目にしたこの本を手に。

071116_1927_0001.jpg



これ能率手帳を作っている会社の社長さんが書いた本ですが、まずそこに出てくるキーワード(名古屋、年齢など)が自分の境遇と重なって何となく親近感が沸いたのは事実。また、ひとつひとつのキーワード(常に携帯する、思い立ったらその場で書く、などなど)がPalmで普段行っていることと重なる部分が多いんですよね。そして何よりすごいのは形にこだわってないこと。能率手帳の形式などまるで関係なく使い込んでいる(^_^;)。これ、以前日経アソシエに載っていた写真をみたことがあるのでその凄さがわかります。

そこで自分の手帳選びを考えてみたとき、

まず、やたらと格好にばかり気にしていたこと。そりゃ毎日持つものですからおしゃれに行きたい気持ちもあるわけですが、それで使いづらかったりしては意味がないわけで。あとは線が縦だとか横だとかなんとかかんとか。。。手書きの手帳なら別に罫線の上だろうがどこだろうが書けますからね。

あとはあまりにもPalmの代わりをさせよう、と、し過ぎたこと。やはりPalmはPalm。すべてを完璧に模倣することはできません。当然手書きのいいところ、Palmのいいところ、あるわけで。なのでPalmが自由に使えない状況のときは、最低限の仕事、つまりスケジュールや最重要情報の確認、これが滞りなくできればOKかと。

実は先の本を読んで自分のなかでできてないなぁ、と思ったのは『項目を絞る』ことと『振り返り』。Palmだとどうしても適当に突っ込んであとで検索して引っ張ればいいや、という頭があるから、あまりきちんと整理してなくてもそれなりになんとかなりますが、これが手書きとなるとそうは行きませんよね。その中で考えさせられたのが『書くエリアが少ないとそれだけ重要事項に絞ってメモをとる癖がつく』といった下り。つまり自然と頭のなかで整理しながらまとめていく力がつく、ということなんですね。ま、Palmのように限られたメモリを駆使しようとすると自然といろいろ工夫して使うようになる、みたいなものか。ちょっと違うか(^_^;)。

そういう意味でも『振り返り』ってすごく大事なんだなぁ、と。Palmの中もよくみればずいぶん塩漬けになっているデータもあるわけで(^_^;)。これを手帳とうまく組み合わせればもっと生きてくるものもきっとあるのではないかと。その場合Palmは多少整理されていなくても問題ないので、手帳を糸口に引っぱり出す、なんてこともできるかなぁ、と。とにかくイマドキな言葉でいうところのWinWinな関係になればいいなぁ、と。

で、最後に凄い、と思ったのが、能率手帳の作りへのこだわり。正直バカにしてました。長年の経験からいろいろと考えられた工夫や仕事の数々。。。このあたりも変わらぬインターフェースを提供し続ける(まあ、やむなくではあるんでしょうけど)Palmと通じる部分もあるのかなぁ、とか、少々こじつけ(^_^;)。

まあ、そんなこんなで手帳に対する考え方を改めたのは事実です。それを踏まえて、さてPalm含めてどうするか。もう一度再構築です。

----
Posted by Treo680 with u*blog
posted by ryo-n at 01:59| Comment(2) | TrackBack(1) | 手帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
楽しみですo(^^)o
Posted by 鶴丸 at 2007年11月27日 09:38
いやぁ、そんなたいしたことはしませんので(^_^;)
Posted by ryo-n at 2007年11月28日 07:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

来年の手帳
Excerpt:  毎年年末になると勤め先から 翌年の手帳が支給されるのだが、 小ぶりで使いにくいため、 ここ数年は自分で手帳を購入している。  今年(2007年)は高橋書店の 「No. 215 リシェル5」というのを..
Weblog: 富久亭日乗
Tracked: 2007-12-21 08:14
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。