2007年12月23日

★Centroの初期環境構築

特に目新しいことはないですが、自分の備忘録も兼ねてまとめておきます。

Technorati Tags: , ,

初期電源投入でタッチスクリーンやタイムゾーンの設定(最初は電波で自動取得になっているので手動設定)をした状態から、まず。。。

1)Mini's patch for Iota 導入
2)Mini's patch for HsExtensions 導入
3)Mini's patch for Blazer 導入

これでBlazerを使った一連の設定が整うことになります。最初のIotaへのパッチがこのCentro特有の作業。特に難しいことはなくミニーさんの書かれた手順に従って行えば問題なく実施できます。ここにいたるまではかなりのご苦労があったかと。凄いよね、ほんと。皆さんもありがたく使わせていただきましょう(^^)。

過去よくあるトラブルを思い出してみると

Centroからのファイルの取り出し、書き込みはミニーさん推奨のPalm Insider Proで行うか、私の場合のようにCentroからの吸い上げ=FileZ、Centroへの書き込み=McFileで実施する。ミニーさんのBBSでよく出ていた質問ですね。後者の場合、注意点としてはFileZではROM内を表示出来るようにしておくこと、McFileは日本語化する前だと文字化けするのでとりあえずは英語版がよいかと。

それから
Mini's patch for HsExtensions だけ導入するとBT接続時に警告がいちいちでるので、Mini's patch for Blazerも同時に導入するのが無難。Centroでもたぶんそうなるのかな?

関連記事(思い出せる範囲)
Treo755pレビュー4:Blazer(MA-CYさん)
MACYさんの道を歩もう(cooldadさん)
Treo680Blazer注意事項(うち(^^))

次に
4)Mini's patch for ATOK導入

ATOKな方には必須といってもいいぐらいのこのパッチ。これにより各種ATOK操作が5-way+αのキー操作で実施できるようになります。私はパッチ済みのatok.prcをバックアップで持っているのでそれをFileZ経由でコピーするだけ。メモリーも余裕があるので、Large設定をごっそり本体に導入してます。
ただしATOKのユーザー辞書はそのままだと問題があるので、あとで対応が必要です。

関連記事
Treoならではの事情と対処法(cooldadさん)

これ特に日英切り替えを右シフトキーで出来るのが嬉しいんすよ。。。ってCentroは(Treo680、Treo700pもそうですが)右シフトキーがないので困ります。そこで

5)鍵盤交換(Keyreplace)導入
キー入れ替えの定番アプリですよね。ダウンロードはこちらから。これを使ってキーアサインを

 
chr      160D   160D
keycode   0105 → E001
modifiers  0828   0809
 

にすることで、右下のメニューキーを右シフトキーに変更できるので、上記Mini's patch for ATOKの右シフトによる日英切り替えをこのメニューキーで実現できるようになります。この状態で右下メニューキーを連打するとメニューが出てしまうのはご愛嬌(^_^;)。気になる人はmodifiers 08A8の割り当ても同様に変えるとよいです。

で、無くなってしまうメニューキーは、もうこれで通話することはないので(笑)、上部左のオンフックキー(緑のキー)に割り当てています。

 
chr      021A   0105
keycode   021A → 0000
modifiers  0808   0008 

6)ATOK設定を有効に
まだまだ日本語化はしないですよ(^^)。ここで一度ATOKを有効にしておきます。最近のデバイスはどうなのかよくわかりませんが、基本的に日本語化する前にATOKの設定を済ませておくのが良いかと。
日本語化してないので文字化け化けの状態の中、ATOK設定を有効にします。

関連記事
英語版PalmATOKを使って日本語入力(インストール)(すてたんさん)
こちらにスクリーンショット入りで詳しく載ってます。

7)ソフトリセット
ここまで実施したら一度ソフトリセットします。CentroやTreo680はリセットボタンがないので電池を外して実施。

8)FEPs、ATOKWrapLib導入
先のATOK導入状態だと、いざというときにATOKを無効にできないので日本語FEP切り替えアプリの『FEPs』と、FEPs上でATOK無効にできる『ATOKWrapLib』(先のFEPsをダウンロードするとその中にあります)をmicroSD経由でインストールします。

これで環境設定(Prefs)を起動すると一番下のOtherのところにFEPsメニューがあるので、その中で『ATOKWrapLib』を選択して下のSet&SoftResetを押せばリセットがかかりATOKを無効に。逆に有効にしたい場合は『ATOK』を選択してSet&SoftResetを押せばリセットしてATOK有効となります。
このあとJaponでレジストリキーの入力が必要になるのでキー設定してない方はATOK無効にしておくとよいかと。

9)Japon導入
ここまででようやく日本語化のお膳立てが終了。やっと日本語化の実施。今回もJaponで日本語化します。今はJapon v1.0pが最新なのでこれを導入。

インストールファイル、フォントファイル等をコピーしてインストール実施。終了後Japonを起動して『Turn ON』すれば完了。このあたりは先のJaponサイトを熟読して実施すればOK。

10)PalmGate導入
これは別に最後でなくてもいいんですけど、日本語化する前のインストールは最小限にした方がいいかなぁ、という理由からここで実施しました。ミニーさんのPalmGateサイトからprcをダウンロードして本体にコピーするだけ。
これを経由すればBlazer経由で文字化けのない、快適なWebアクセスが可能になります(^^)。

----
これで一通りの日本語環境、ネット接続環境の設定が終了。この1)〜10)の順番で実施すれば、それほど手間をかけること無く日本語を使った基本的な動作が可能になるのではないかと。もしATOKでない方は4)、5)、6)、8)を飛ばして日本語化した後、POBoxなどの日本語FEPを導入すればよいと思います。

で、ここまでの全般に渡り注意すべき点は

 
Hotsyncを一度も行っていないこと。
 

必ずファイルのやり取りはmicroSDカード、もしくは赤外線、BT経由で実施してください。

それでは、快適なCentroライフをあなたも〜(笑)。
日本語化してもかなり動作が早いですよ〜。

posted by ryo-n at 07:19| Comment(8) | TrackBack(1) | Centro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
着々と進んでいますねぇ(^^ またお取り上げ、ありがとうございました。
私もだいぶ進んでます(PIM同期を除く) 後日またアップすることになると思いますが。
Posted by cooldad at 2007年12月23日 10:43
さすが仕事が速いですね→セットアップ
ところで、microSDは何処のメーカをお使いですか?
ボクは当初TranscendがイマイチだったのでSanDiskにしました
Transcend ← READは速いのにWRITEが極端に遅い
SanDisk ← READもWRITEもそこそこ、バランス良い
Posted by ミニー at 2007年12月23日 12:10
>cooldadさん
とりあえずの日本語化は完了。これから運用含めてボチボチ、といったところですね。cooldadさんの記事はいつも丁寧にまとめられてるので参考になります(^^)。
また、カスタマイズの様子教えてください〜
Posted by ryo-n at 2007年12月23日 13:43
>ミニーさん
お疲れさまです(^^)。ミニーの資料室にキレイにまとめて頂いているので作業もはかどります(^^)。
しかし、さすがミニーさん、気がつきますねぇ。私もカードの書き込みは少々気になってまして。今はとりあえずE03CA用に買った上海問屋オリジナル1GBを使ってます。INFOBAR2用含めて買い足そうかなぁ、と思っているので参考になります。microSDHCとかはどうなんでしょうね?(・∀・)
Posted by ryo-n at 2007年12月23日 13:52
microSDHCの4GBも使えるようですが、速度、安定度の面ではどうなんでしょう、
その辺りの詳細レポを見た事が有りませんね、
(^Å^)σ人柱やります?、それともσ(´д`*)
Posted by ミニー at 2007年12月23日 22:15
はははっ(^_^;)
なるほどまだまだ未知数なんですね>microSDHC
なってみますかねぇ、人柱。。。ただノーマルとの価格差を考えると、ねえ(苦笑)
Posted by ryo-n at 2007年12月24日 09:41
私のブログにお越しいただいて、コメントまで残していってくださって、ありがとうございました。
Centroにはずっと興味があったんですが、こちらのページと「言い捨ての小部屋」の二つの記事が、最後の一押しになりました(^^;
Palmは時代遅れみたいにもいわれてますが、触っていてとても楽しくなるいいマシンだと思います。
これからもかわいがってやろうと思います。
またちょくちょく寄らせていただきます。
Posted by yamachan at 2008年03月26日 21:06
>yamachanさん
こちらこそ取り上げていただきありがとうございます。
時代を越えても受け入れられる普遍性、快適性というのもあると思うんですよね。Palmの利点のひとつにやはりその軽快な動きがあるかと思うんですが、Centroは5wayの操作性とも相まって非常に快適ですよねぇ。そんなところも楽しんでいただければと。
こちらこそこれからもよろしくお願いしますm(_ _)m。
Posted by ryo-n at 2008年03月27日 05:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

[Treo] Treo700p再構築メモ
Excerpt: ハードリセット まずTreo700pをきれいサッパリ初期化するところから。いつも、ちょっぴりドキドキする瞬間です。 Treo700pのSDカードスロットから、メモリカードを抜いておく 電源キーを押し..
Weblog: cooldadのモバ日記
Tracked: 2008-06-30 05:40
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。