2008年01月26日

★結局手書きの手帳はこれで

年末、あれこれ悩んでいた手書きの手帳。PDAが使えない状況でも予定、タスク管理ができないとマズいですからね。で、結局選んだのはこれでした。

R0014244

QUO VADISのBusiness。仕事で使うにはもう少し大きいサイズ、例えばTrinoteぐらいの大きさの方がいいのですが、今回はON/OFF問わずできるだけ持ち歩くことを念頭に置いているので、これぐらいのサイズ(10x15cm)がギリギリかなぁ、と。「アンパラ」と呼ばれるタイプのカバーの方が薄くて持ち歩きにはよいかなぁ、と思いましたが、ちょっと安っぽい感じがしたので「クラブ」というタイプのものに。色はディープエメラルド。自分としてはあまり選ばない感じの色目ですが(^_^;)、今回はこれで。

以前、『手書きなら罫線をまたいで書いてもいいので、形式にとらわれることはないのでは』なんていうことを書きましたが、結局その型にはめてしまうことが多いので、やはりレイアウトって大事ですね(^_^;)。最初はちょっと見難いかなぁ、なんて思いましたが、慣れれば問題なし。これの気に入っているところはサイドに電話やメモなど、ちょっとした情報を書き留める場所がやんわりと決まっていること。

R0014243

ノートとかに書き留めるとあとで探すのに苦労しますが、これならその部分だけを流して探せばいいので、情報へのアクセスがずいぶん楽になります。もちろんその都度キチンとまとめておけばそれに越したことはないのですが、ちょっと書き留めておいたものを後で見たい、といったときにはやはり便利なものです。

行動管理はやはりPalmのイメージに近い縦型の物がいいなぁ、と。ここから抜け出すことは出来ませんでした。書くスペースは非常に限られていますが、その分、自分がわかる範囲で記号化したり簡略化する、といった工夫でなんとかなるかと。必要最小限の事柄にまとめる、という癖もつくのでいいかもしれません。

で、一週間使うとこんな感じに。

R0014242

オフでの使い方、Palmとの連携、住み分けなど、まだまだ試行錯誤が続いていますが、そのうち自分なりの使い方に収束できるのではないかと。2週間ぶりの我が家でぼんやりと考えています(^^)。

posted by ryo-n at 15:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 手帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アンバラですか、わたしもやっぱりバーティカルがよかったのですが、今年は、軽さに負けて、超手帳をメインで使っています。やはり通常のだと使いにくいので、方眼にしてみました。最後までクオディバスとなやんだんだよなあ。ほぼ日は、重いのでことしはお休みモード(w
書くところがちいさいと頭絞りますよね。
Posted by cxq02002 at 2008年01月26日 18:09
>cxq02002さん
あ、そうそうアンパラ、じゃなくてアンバラ、ですね。でも私のはクラブでしてもう少し分厚いです。
超整理手帳も一時期候補にあげてまして、実物も何度も確認したりしてました。自作のリフィルも作りやすいですしね。個人的にはあのパラパラがちょっと特異な感じ(慣れれば凄く便利なのかもしれませんが)だったので、こちらになりました。
スペースが小さい感じがしますが、それでもすべてに書き切れてるわけではないので、これでも十分かなぁ、と。これで紙面が真っ黒になるようだったらサイズ考え直します(^^)。
Posted by ryo-n at 2008年01月27日 07:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。