2008年02月03日

★レストア後の措置はpowerRUNがいい感じ

日本語化直後の環境にとりあえず戻してみました>Centro。

理由は先日うっかりデスクトップのDocuments to Goを開いてアクティブにしてしまって、m500からのメモのビームがメモ帳で受け取れなくなってしまったので。これ、いったんDoc2Goを使うとDoc2Goでしか取れなくなっちゃうんですよね。一応アプリの関連付けでtxtとか外せるんですが、それでもだめ、ですよね。ちなみにDoc2Go使いながらメモのビームをちゃんとメモ帳で受け取れる方法ってあるんですかね?かなり前から疑問に思ってます。

そんなこんなで日本語化やBlazerパッチなど、一通りの環境構築が終わった直後のバックファイルでNVbackupにてレストア。無事にメモ帳同士のビーム復活しました(^^)。

s-R0014276 

ここで便利だなぁ、と思ったのがpowerRUN。これ右脳さんがよく言っていることですが、powerRUNで逃がしているアプリはファイルがそっくりそのままmicroSD内にあるので、それをファイラーで戻してやるだけで、復元可能なんですよね。簡易バックアップとしても非常にお手軽。以前アキバで買ったmicroSDが結構読み書きにストレスを感じないので、フルバックアップの補佐として必要なアプリは意図的にpowerRUNで逃がしておいてもいいかなぁ、とか思ったりしてます。

Technorati Tags: , ,

posted by ryo-n at 22:46| Comment(4) | TrackBack(0) | Centro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うちの環境では…
最上位機種のTXを受信側にすると
必ず「Documents To Go 7」で開こうとするので
まず先にTXの標準『Memos』を立ち上げておいてから、
送信側のPalmも標準『Memos』でBeam Memoします。
逆にTXから送信、他Palmに受信させる時も同様の手順(双方の標準『Memos』上で送受信する)で行います。Cut&Pasteの手間が増えますが確実に成功しますので。
参考になりますかどうか。
Posted by goya at 2008年02月04日 02:39
ボクからも・・・
DocToGoをバージョンダウンした環境ですが、
Resco Explorer の \Control Panel\Associations で
text/plain の Handlers: で Memos を Default とすると
ボクの場合、メモはメモ帳にビーム出来てますよ
Posted by ミニー at 2008年02月04日 10:33
いや〜、いろいろ聞いてみるもんですね(^_^;)

>goyaさん
コメントありがとうございます。おぼろげながらmemosを立ち上げながらやるとうまくいく。。。という記憶があったので試してみたのですが、Centroではうまくいきませんでした。
TXでのことだったんですねぇ。
Posted by ryo-n at 2008年02月04日 23:37
>ミニーさん
なるほど。Resco Explorerにはファイル関連付け変更の機能もあるんですね。バージョンダウンしてない状態でもうまく行きました(^^)。ってバージョンダウンしてないと意味がないんですが(^_^;)。
Posted by ryo-n at 2008年02月04日 23:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/82284186

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。