2008年04月21日

★意外と侮れない反射型液晶

まだカラー化の恩恵が仕事上の運用でどこまで得られるかよくわかりませんが、とりあえず持ち歩いているm515。意外といけるなぁ、と思ったのが室内での反射型液晶。

R0014381

当然ながらモノクロのm500に比べればフロントライトをOFFにした状態だと視認性が落ちるわけですが、それでも室内光だけで結構フロントライト無しで使えることがわかりました。自分のオフィスの照度って普段あまり意識してないですからね(^^ゞ。多分へたったバッテリーの影響だとは思うのですが私のm515はフロントライトを付けるとグリグリと残量表示が減っていくので、できるだけOFFで使えれば、と思っていたところ。特に意外だったのは夜の駅ホーム。まあ立ち位置にもよるとは思いますが、かなり明るいんですね駅って(^_^;)。くっきりと表示されてびっくり。もちろんちょっと薄暗いところはフロントライトを点灯すれば見やすく。このあたりモノクロの場合、中途半端な暗さだとバックライトの恩恵が受けられないのでm515に分があるかと。

外部メモリの持ち込みができない当オフィスなので、単体バックアップができない反面、SDのアクセスがないので電池持ちは良くなるという状況。それでも不意のバッテリー切れは即データ喪失、ということになるので(こういうときはNVFS機が安心ですよね)できるだけ消耗の少ない状況で使えれば、と。

とりあえずこれでしばらく使って様子見、ですね。あまりに辛いようなら次はZ22の出番、かな。

Technorati Tags: ,

posted by ryo-n at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | Palm | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/94193251

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。