2006年03月02日

★XV6700のBTモデム化その後

とりあえずモデムとして利用できたXV6700ですが、今日端末から接続しようとしたら...つながらない(-_-;)。いろいろ見てみたら接続設定がそっくり消えてました。なぜ?
で、気を取り直して接続設定を再入力してみましたが...ダメ。

結論として、前記事の方法でDUN接続に切り替えると、どうも端末からの接続ができなくなるようです。電話もダメ(-_-;)

ということで、よっぽどPCでつなぐ必要がないときはDUNオフですね。
今のところは。
なんかいい方法ないかな
posted by ryo-n at 23:06| Comment(2) | TrackBack(0) | XV6700 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月01日

★XV6700をBTモデムとして使う

EVDOによる接続が意外と快適なXV6700。電波状況さえよければWebブラウジングとかもストレス無くできる。となると、こいつをモデムとして使ってみたいと思うのが真情。
最近のVerizonの機種はDUN(Dial Up Networking)できない設定になっているのですが、その設定をごにょっと変更してやれば使えるようになるとか。レジストリをいじる方法とかもあるようですが、今回は裏モード的な設定方法があったのでそちらを試してみることに。参考にしたのはこちら。

http://www.pdaphonehome.com/forums/showthread.php?t=64889&highlight=xv6700+wifi

これで無事XV6700のDUNが利用可能に。

xv6700_030106_001.jpg

次にPCのBluetoothから検索をかける。このとき事前にXV6700のBluetooth設定の『Make this device discoverable to other devices』をチェックしておくこと。
そうすると無事認識され、サービスを確認するとちゃんとダイヤルアップの設定が。

xv6700_030106_002.jpg


このダイアルアップ設定を右クリックして接続を開始すると、ユーザー名、パスワード等の通常のモデムと同様のダイアログがでてくるので、必要な情報を入力してやると

無事に接続できました。

xv6700_030106_003.jpg

自宅で試した限りにおいてはまずまずの速度。
これで出先からパソコンを使って、なんてときも便利に使えそうです。
逆にモデムとしてしか使わなくなったりして(-_-;)

以下、ダイヤルアップなどの覚書。


続きを読む
posted by ryo-n at 18:12| Comment(6) | TrackBack(0) | XV6700 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月22日

★SoundExplolerを使う

ボイスブログ収録も主な目的として担うXV6700ですが、もともとX50vで使用していたResco Audio Recorderを使用してのためし録りを実施したところ、音切れ、音がダブって入ったりとぜんぜんダメな状況。このあたりCPUの負荷が高いのか、メモリーの影響か。
で、W-ZERO3の皆さんもよく使われているVITO SoundExplorerをインストールしてみることに。当初画面下にあるメニューが表示されない、といった不具合がありましたが、最近出た最新版では問題ない様子。これだと音飛び等も最小限で何とか使えそう。それでもMP3ダイレクトエンコーディングでの44.1kHzサンプリングは少々つらいので、22kHzで録っていこうと思っています。
これで、どうにかminiSDも無駄にならずにすみました。

xv6700_022206_001.jpg

ちなみに現状は付属でついてきた、有線のステレオヘッドセットを使用。録音中のモニタリングはできませんが、マイクの感度はそこそこいいようで、周りの音や声も適度に拾ってくれます。これなら基本的に電話なので、外録なんかも人目を気にせずできそうですね。
でも最近、外に出る機会が少ないのでなんですが(-_-;)
posted by ryo-n at 06:29| Comment(0) | TrackBack(0) | XV6700 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月20日

★XV6700って結構小さい

単体の写真だけ見てると大きさがピンとこないXV6700。HTC-Wizardぐらいです、といってわかる人はわかるかもしれませんが、手持ちの端末で大きさを比べてみることに。

xv6700_022006_001.jpg

まずはよく使っているPalmとの比較。
左がTX、右がTreo650。
表面積的にはTreo650とほぼ同じですね。

最初はちょっと小さいかな、この画面と思いましたが
使っているうちに慣れてくるもんですね。

続きを読む
posted by ryo-n at 19:33| Comment(6) | TrackBack(0) | XV6700 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月19日

★XV6700のブラウズ環境

いまのところ基本的なブラウズは標準のIEで行っています。これもAsukalさんのおかげできれいに折り返し表示ができているので、狭い画面でもかなり快適に閲覧することができます。しかし、seesaa blogの編集画面ではjavascriptによるファイルアップロード、タグ埋め込み機能などがあるのですが、それらがIEだとうまく機能しません。

そこで、Netfront導入、かと思いましたが、これがなぜかうまく動きません。

ということで今度はOperaを導入することに。容量節約のためminiSDに入れてますがちゃんと動作しています。これだとjavascriptもきちんと動きます。逆にヘルプのポップアップとかもフォーカスしたとたんにオープンするのでちょっとうっとうしいですが。
ま、これで無事にblogの更新もできそうです。

この辺り、Palmだとu*blogが非常に快適でいいのですが、PPCでこのようなアプリがあると便利なんですけどね。

なので、しばらくはIE、Operaの2本立てで行くことになりそうです。

続きを読む
posted by ryo-n at 09:33| Comment(4) | TrackBack(0) | XV6700 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月18日

★miniSD購入

とりあえずボイスレコなども積極的に使いたいと思っているXV6700。
そのためにも必須になるのが外部ストレージ。XV6700の外部ストレージはminiSDなんですよね。最近北米の店頭でも見かけるようになってきましたが、それでもまだまだマイナーな部類に入るかと。で、ネットでいろいろ見ていたらちょっと怪しいminiSDを発見。

TOPRAM...聞いたことのない名前。恐らく台湾ベンダーかと。容量2GB。費用対容量はまずまずなのかなぁ。一応Samsung製チップ、転送速度も18MB/Sと結構速い(ほんとかどうかは?)。
でもまあ、容量の割にはまずまずの値段、ということで価格に負けてポチっ。

到着後、PCで速攻容量確認したのは言うまでもありません。
よかった2GBありました。

minisd_021806.jpg

これで少ないプログラム領域もずいぶんカバーできますね。

続きを読む(追記)
posted by ryo-n at 13:05| Comment(6) | TrackBack(0) | XV6700 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月17日

★こんなところに

先日、アクセス解析をじーっと眺めてまして、結構いろんなところから飛んできてくださるんだなぁ、と思ってみていたら、何やら見慣れぬURLが。

rss metasearch
http://gada.be/d/xv6700

メタサーチってサーチエンジンの横断検索ってことでいいんですよね。そこのXV6700ネタのところに当方が引っかかってました。

xv6700_021706_001.JPG

この『?』がいっぱいついてるところが私の記事。要するに文字化けですね。
ってことは頭の『?』は『★』ですね(笑)

ま、XV6700って書いてあるところはいいとして
『?????????』
なんて、なんのことかさっぱりわからないでしょうね。それでもアクセスがあるからすごい。それとも『?』ばっかなのでよっぽど気になったのか。

いや、ほんと来て頂いた方には申し訳ないですねぇ。日本語ばっかで。
たまには英語で書いてみますか。
いやそれはヘボい英語しか書けないのがバレるのでやめとこ(-_-;)

ま、どんな形であれ、取り上げていただく、というのはうれしいことです。
Thank you for reading my articles!
posted by ryo-n at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | XV6700 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月16日

★よくよく考えたら

縦置き時の入力をどうしようかなぁ、と考えていたのですが、よくよく考えたら...!
そっか。ATOKの標準パッド、使えるんですよね。
QVGAですから。
どうも置き換えなきゃ、見たいな脅迫観念があって(^^ゞ

ということで、普通に入力できてます。
予測変換もタップできます。

xv6700_021606_001.jpg


手書きパッドも使えちゃいます。あんまり日本語の手書きパッドって使ったことないので、結構新鮮だったり(^^ゞ

xv6700_021606_002.jpg
posted by ryo-n at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | XV6700 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月15日

★縦表示時の入力

キーボードでの入力がちょー快適になったXV6700、ですが、縦表示のときにちょっとした予定とかタスクを入れようとするとスタイラスが必要になります。

こういうとき700wとかは便利なんですよね、きっと。といってみる。

で、そんなときはとりあえずソフトウェアキーボードでポチポチやるんですが、ただでさえ小っちゃい画面なので結構タップしずらかったり。例えばHappyTapKeyboardとか入れるという手もあるんですが、ここはひとつ他の入力方法を試してみることに。

いくつかある入力方式のうちの一つに『Block Recognizer』というものがあります。これ、たぶん英語版にしかないと思うんですが、基本的にGraffitiと同じ入力なんですよね。
ということで、ためしにPQzで縦表示のデフォルト設定にしてみると、おぉ!

atok_021206_001.jpg

ちゃんとATOKが起動しました。いい感じだ。んじゃ、この調子で、と予測変換候補をタップした瞬間Block Recognizerが固まりました(-_-;)
もう一回入力方式を変更して再度Block Recognizerに戻せば復活するんですが、こりゃちょっと面倒だなぁ、と。

仕方ないので...縦表示のときは予測変換を絶対にタップしません(+_+;;)\バキ!!
でも、ついポチっとやりそうになるんですよね。これ(^^ゞ

ま、でもちょっとした入力には十分使えますね。
だからやっぱりTreo700wがいいってーのは無しね
posted by ryo-n at 06:19| Comment(4) | TrackBack(0) | XV6700 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月14日

★キーボード参上(動画版)

手元に動画撮れそうな機材がXV6700ぐらいしかなかったので(それではXV6700自体を撮ることができないので)仕方なく日本で購入した携帯(W31T)で撮ることに。
画像は『携帯画像変換君』でmp4に変換しました。

画像はかなり荒いですがよろしければどうぞ。

xv6700_keyboard
posted by ryo-n at 15:19| Comment(14) | TrackBack(0) | XV6700 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

★キーボード参上

すみません。特に意味はありませんm(__)m。


続きを読む(写真連貼り)
posted by ryo-n at 00:23| Comment(9) | TrackBack(1) | XV6700 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月12日

★PQzとATOK

とりあえずATOKを入れてみましたが、なんかの拍子でATOKの入力パッドが標準となってしまうことがあります。そうするとプログラムが立ち上がらなくなるので大変。でも、そのたびにPocketTweakで修正するのは面倒。これを修正する専用アプリもあるのですが、日本語/英語(直接)入力の切り替えの件もあり、W-ZERO3ユーザーの皆さんにもお馴染みの
英国のじぃさん謹製のPQzを導入してみることに。

これを使えば縦表示、横表示それぞれどの入力形式をデフォルトにするか決めることができます。また『IME』の設定項目で日英切り替えにsymキーを割り当てることで、XV6700の場合は「・」+「Space」キーで簡単に日英の切り替えができるようになりました。

さらに同じ『IME』の『Shift+CURSOR』の項目を『Yes』にすると、「Shift」+「←」、「→」キーでATOK予測変換の選択、「Shift」+「↓」で決定ができるようになります。いやほんとすばらしい!

これで、キーボードを使った入力に関しては問題なし、ですねぇ。実に快適です〜
英国のじぃさん、ほんとありがとうございますm(__)m

PQzは他にも機能が豊富でカスタマイズのしがいがありますので、これからいろいろ試してみたいと思います(^^)

pqz_021106_001.jpg
posted by ryo-n at 08:19| Comment(4) | TrackBack(0) | XV6700 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月11日

★XV6700日本語入力

PPCの日本語入力もいろいろあるわけですが、英語版への導入、という話になると

PQBox系
ComPOBox系
ATOK

ぐらいになるのではないかと思う(ちょっと自信なし)。

で、どれにしようかなぁ、と考えましたが、やはり導入実績等を考えて無難にATOKを選択することに。

最初、miniSDへの導入も試みましたが、動作はするものの辞書の読み出しがうまくいかないので、とりあえず本体に導入することに。このあたり本体ストレージ用RAMの割り当てが少ないXV6700には辛いところ。



このATOKの導入に関してはどうも一癖あるようでして、ATOKをインストールするとATOK付属の入力パッドがデフォルトになってしまうようで、そうなるとプログラムが立ち上がらなくなる、などの不具合が発生するらしい。というか、発生しました(-_-;)。

で、
この問題を回避するためには
PocketTweak
TRE(レジストリエディタ)
GSPM++もしくはpsShutXP(ソフトリセットのために)

といったアプリを利用し、設定、レジストリ等を少々変更する必要があります。この件に関してはモバチキさんのところで詳しく解説してあるので、こちらが参考になるかと思います。と、また他人様に振ってしまう(-_-;)。

これで一応ATOKがキーボードで使える環境にはなりました。

atok_021106_001.jpg

が、快適動作のためにはまだまだやらねばならぬことがあるのでした。つづく。

以下、自分への覚書


続きを読む
posted by ryo-n at 19:06| Comment(3) | TrackBack(0) | XV6700 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★XV6700の日本語表示2

ようやく整いつつある日本語環境、と思ったのですが前回のエントリーをあげたあと、いろいろ触っているとふとした拍子に日本語化設定が戻ってしまう(消えてしまう)という現象がありまして、んー、っと思っていました。

その原因がわかりました。

初期状態で時計を設定するの忘れてました(-_-;)

どうもXV6700の場合、携帯の電波で時刻補正を行っているようで、例えば初期設定のとき、2005年の日付で日本語化を行い、なんかの拍子に電波で時刻補正されたあと、リセットすると
設定が元に戻る。みたいな。

ということで単純にCE-Star Suite IIの有効期限が切れてしまったために起こったことだと思います。

皆様もくれぐれも気をつけましょう(+_+;;)\バキ!!
早速レジしなくちゃ(^^;ゞ
posted by ryo-n at 13:28| Comment(2) | TrackBack(0) | XV6700 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月10日

★XV6700の日本語表示

最近、私の場合はもう英語デバイスがお決まり、という状況なんですが
これはこれである意味悲しいことではあります。

さて、とりあえず購入したら何はさておき執り行うのがデバイスの日本語化。とは言っても、今回は初めてのWindows Mobile 5.0。

で、PPCの日本語化と言えば、そう、皆さんご存知の、かのAsukal氏。
ということで氏の★大陸諜報活動新聞★を読む。よーく読む。ジクーリ読む。隅から隅まで読む。穴の開くほど読む...
続きを読む(以下長文)
posted by ryo-n at 13:55| Comment(12) | TrackBack(1) | XV6700 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月09日

★XV6700とりあえず触ってみる

まず、最初にやることは...携帯電話の登録。
今回オンラインショップで購入したため、最初に『*228』へコールする必要があります。すると自動音声で何やらごちゃごちゃ言ってくるので、『1』を押すと通信を開始。その後XV6700に必要な設定がプログラムされて自動で再起動すると無事終了。これがOTA(Open The Air) Provisioningってやつなんですね。初めてだったのでちょっとドキドキ。まずはこれで無事電話として使うことができるようになりました。

で、とりあえずさらっと触ってみたのですが、いまさらながら初めてのWindows Mobile 5.0なのでどうかな、と思ってましたが、基本的な操作は以前とそれほど変わらないですね。
続きを読む
posted by ryo-n at 18:09| Comment(15) | TrackBack(0) | XV6700 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月08日

★XV6700開封

昨晩、とりあえずあけてみました(^^)。
液晶が汚れて見えるのはヘボい保護シートのせいです(その辺に転がっていたのを適当に切ってはったので(^^ゞ)

xv6700_020806_002.jpg
続きを読む(写真多数)
posted by ryo-n at 12:02| Comment(10) | TrackBack(0) | XV6700 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★逝っちゃいました

ついに逝っちゃいました。これです(*^^)v

xv6700_020706_001.jpg

いろいろ考えすぎて疲れました(+_+;;)\バキ!!
ま、ごちゃごちゃ考えず、これで行ってみようかと。

XV6700

内臓でWi-Fi、Bluetooth、そしてEV-DO(あるいは1xRTT)と使えるわけでして、これだけあれば大抵の場所で通信が可能になります。あ、もちろん通話も。ただし通話に関しては基本的にはTreoがメインになるのかなぁと。

はっきりいってWindows Mobile系で1台運用、という話なら恐らく(北米では)Treo700wを選ぶでしょう。でも私の場合PIMは基本的にPalmに任せてますので、ブラウズ&テキスト編集+αができればいいなぁ、と。
それにTreoはPalmな物が出たら間違いなくそっちに流れますからね。
間違いなく...

いろいろ噂が絶えないTreo系ですが、しばらく様子を眺めながら待ってる間、これで楽しみたいと思っています。

携帯キャリアの件はしばらくCingular、VerizonWirelessの両方で様子見ということで。
posted by ryo-n at 00:00| Comment(16) | TrackBack(0) | XV6700 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。